壬生邸の庭

こちらへ移行とリハビリテーション

おはなし

来たる船

『来たる船』 娘が生まれたとき、大きなるブラガトは既に歳老いておりましたので、ついに跡目を継ぐ息子を得られませなんだ事を嘆いたものでした。 野蛮なことで知られたグメイサの民を討ち従えたオンゲンの血に連なるルゲリ家もブラガトとその三人目の連合…